海外の韓食レストラン 協議体

米東部 韓食グローバル化 推進委員会

  • 地 域 : ニューヨーク
  • 構 成 員 : 133
  • 会長 : イ・カンウォン
  • 住所 : ク11355 フラッシングPl.149番 41-11

米西部 韓食グローバル化 推進委員会

  • 地 域 : ロサンゼルス
  • 構 成 員 : 304
  • 会長 : イム・ジョンテク
  • 住所 : カリフォルニア90006 ロサンゼルス Sウェスタンアベニュー1234

米南部 韓食グローバル化協議会

  • 地 域 : アトランタ
  • 構 成 員 : 113
  • 会長 : ソン・ドンチョル
  • 住所 : ジョージア30518 ブルフォード スカイラーヒルロード1970

米北部 韓食協議会

  • 地 域 : シアトル
  • 構 成 員 : 127
  • 会長 : ノ・ドックァン
  • 住所 : シアトル グリーンウッドアベニュー北 12034

民団韓食ネット協議会

  • 地 域 : 東京
  • 構 成 員 : 432
  • 会長 : チェ・チョンホ
  • 東京都新宿区大久保1-8-8 3F

延辺朝鮮族伝統料理協会

  • 地 域 : 延辺
  • 構 成 員 : 195
  • 会長 : キム・スンオク
  • 住所 : 中国吉林省延吉市天地路陽光区域6号

上海華東 韓食品発展協議会

  • 地 域 : 上海
  • 構 成 員 : 166
  • 会長 : キム・ヒョンスン
  • 住所 : 上海市閔行区合川路305号

香港韓人 飲食業協議会

  • 地 域 : 香港
  • 構 成 員 : 54
  • 会長 : チュ・サンイン
  • 住所 : 香港中環 デ・ヴーロード262 大州ビル16階

在英飲食業協会

  • 地 域 : ロンドン
  • 構 成 員 : 50
  • 会長 : ソン・チョンス
  • 住所 : SW20 OTW ロンドン レインズパーク ダーラムロード34

在仏食文化協会

  • 地 域 : パリ
  • 構 成 員 : 81
  • 会長 : キム・テヨン
  • 住所 : フランス パリ75005 ブールバール・ドゥ・ロピタル32 ビビンバ

オーストラリア韓食振興協議会

  • 地 域 : シドニー
  • 構 成 員 : 150
  • 会長 : キム・ヨンギル
  • 住所 : 2122 ニューサウスウェールズ イーストウッド ローストリート 29

在ニュージーランド韓人飲食業協会

  • 地 域 : オークランド
  • 構 成 員 : 65
  • 会長 : アン・ヨンベク
  • 住所 : ニュージーランド0622 オークランド タカプナ バイロンアベ ニュー14

インドネシア外食業協議会

  • 地 域 : ジャカルタ
  • 構 成 員 : 50
  • 会長 : ジョン・ジェイイク
  • 住所 : 南ジャカルタ スポモ通り58

電子メール無断収集拒否

닫기

本ウェブサイトに掲示された電子メールアドレスを、電子メール収集プログラムその他の技術的装置を利用して無断に収集することを禁止します。これに違反した時は、情報通信網法によって刑事処罰されますのでご了承ください。

<情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律>

第50条の2 (電子メールアドレスの無断収集行為などの禁止)

  1. ① いかなる人であれインターネットホームページ運営者または管理者の事前同意なしに、インターネットホームページで
       自動的に電子メールアドレスを収集するプログラムその他の技術的装置を利用して、電子メールアドレスを収集して
       はならない。
       <改訂 2004.12.30>
  2. ② いかなる人であれ第1項の規定に違反して収集された電子メールアドレスを販売 · 流通してはならない。
  3. ③ いかなる人であれ第1項及び第2項の規定によって収集 · 販売及び流通が禁止された電子メールアドレスであることを
       知りながら、これを情報送信に利用してはならない。
       [本条新設 2002.12.18]

第50条の3 (営利目的の広告性情報送信の委託など)

  1. ① 営利目的の広告性情報の送信を他人に委託した者は、当該業務を委託された者が第50条の2の規定に違反しないように
       管理監督しなければならない。
  2. ② 第1項の規定により、営利目的の広告性情報送信を委託された者は、当該業務と関連した法に違反して発生した損害の賠
       償責任において、情報送信を委託した者の所属スタッフとして見る。
       [本条新設 2002.12.18]

第74条 (罰則)

  1. 次の各号のいずれか一つにあたる者は、1年以下の懲役または1千万ウォン以下の罰金に処する。
    <改訂 2005.12.30, 2007.1.26, 2007.12.21>
  2. ① 第50条の2の規定に違反して電子メールアドレスを収集・販売・流通または情報送信に利用した者。
       [一部改訂 2008.02.29 法律第8667号]

著作権保護対策

닫기